事業内容 > 活動報告

令和4年度活動報告

  • 令和4(2022)年度 事業報告

     当会では平成13(2001)年に長野市が策定した松代地区中心市街地活性化基
    本計画「信州松代まるごと博物館構想」を推進するために、松代に潜在する地域資源を一つ一つ掘り起こして光を当て、磨き上げて全国に発信し、松代の活性化を目指して取り組んできました。

     夢空間創立から20年間の活動内容・成果等をまとめ、国土交通省の「手づくり郷土賞」に応募したところ、その成果が認められ受賞しました。
     昨年12月の発表会を経て、本年2月に長野市役所において荻原長野市長同席のもと、国土交通省主催の認定証授与式が行われました。
     このような栄えある賞を受賞できたのは、設立当時の有志100名と会員の皆様の20年の長きにわたる活動の賜物であります。

     真田信之公が松代に入部して400年に当たる2022年度に、長野商工会議所松代支部、松代地区住民自治協議会、信州松代観光協会を中心に「真田信之入部400年祭実行委員会」が企画・推進した様々なイベントに合わせ、夢空間もこれに参加協力する形で年間を通じて真田信之公を取り上げた松代学講座や関連イベントの数々を実施しました。
     
     一方、コロナが収束しない中、各種のイベントや松代学講座等の主要な活動は人数限定で実施せざるをえない状況でした。全国的な移動自粛の影響で、視察研修の来訪も前年同様に極端に少ない状況が続きました。

     松代城第二期整備計画の進展に合わせて旧松代駅舎の活用をはじめ、松代の歴史的文化遺産の保存利活用を推進して松代の町の質を高めるとともに、信州松代観光協会と連携して国内及び海外から松代への誘客に努め、まちなかの賑わいを創出して地域振興を図る活動を推進しました。

    全国町並みゼミ、信州の歴史的まちなみフォーラムの開催成果を踏まえ、関係
    の深まった地域の諸団体とのネットワークを広げ、松代の伝統環境の保存や、城
    下町らしい景観整備に取り組むとともに、長野県内の町並みネットワークの推進
    を図りました。

     諸施策の推進に当たっては、国連の提唱により県や市が推進するSDGsに沿
    って、松代の持続可能なまちづくりを推進しました。

    【重点事業として】
    ① 会創立20周年の成果を踏まえて策定した、次の10年に向けた新しい
    事業の在り方の具体化に向けた活動を推進しました。

    ② 松代の地域の歴史・地理研究を踏まえた松代の町の成り立ちを学び、今後の松代
    のまちづくりを考える機会としました。

    ③長野商工会議所松代支部や松代地区住民自治協議会、信州松代観光協会
      と連携し真田信之公入部400年祭に向けた、新しい企画を立案し具体
      化しました。

    ④松代地区住民自治協議会と連携し、松代城第二期整備計画の進展に合わ
      せて旧松代駅舎周辺整備の促進を図るとともに、長野市の国交省都市 再生整備計
      画事業の策定に積極的に参加し、真田宝物館の建替えを含む松代のエント
      ランス機能の強化に取り組みました。

    ⑤全国町並みゼミやまちなみフォーラム開催成果を踏まえて地元との連携
    を強化し、松代の泉水・泉水路の保存と水源確保の取り組みを進め、伝
    統的環境の保全と城下町らしい町並み景観推進に取り組むとともに、長
      野県内の町並み保全のネットワークを促進しました。

    ⑥ 長野商工会議所松代支部や住民自治協議会と連携し、古民家や空き店舗
      を活用したリノベーションにより、ショップ開発促進や古民家を活用し
      た移住促進に取り組みました。

    【通年事業として】
    ① 松代地区住民自治協議会 歴史文化とまちづくり部会の活動を通じて、松
    代地区振興計画の推進に取り組みました。

    ② 松代商店会連合会との連携を促進し、商店街や地域の活性化に取り組みま
       した。

    ③ 信州松代観光協会と連携して松代観光推進に取り組みました。

    ④ 「松代まち歩きセンター」を充実させ、地域の人々と観光客との交流を促
    進して「各種まち歩き」の活発化を図り、現在松代城周辺や象山地下壕に集
    中している観光客の流れをまちなかに導き入れ、まちなかの賑わいを創出
      しました。

    ⑤ 大学(清泉女学院短大、信州大学工学部建築学科・農学部造園科、長野県
    立大学)や研究機関等との連携を深め、学術的研究成果をまちづくりに反
    映しました。

    ⑥ 松代町内小中学校、松代高校と連携し、子どもたちが松代の歴史的文化
    遺産を活かしたまちづくりに触れる機会を増やし、地域を愛する気持ちを
    育み、松代の次代を担う若者の育成に努めました。

    ⑦ 明治維新以降、社会貢献をした松代ゆかりの人々の業績を研究し、顕彰す
    る取り組みを行いました。

    ⑧ まちなかの商家を観光の中核拠点として利活用を促進しました。

    【特別事業として】
    ⑴ 旧樋口家住宅管理及び運営業務委託
      長野市が整備した旧樋口家住宅の管理運営委託が11周年を迎えたのを
    機に、維持管理と更なる利活用促進に取り組みました。

    ⑵ 寺町商家の指定管理者として施設運営
     長野市が整備した寺町商家の指定管理者として施設運営に当たりました。
      また、令和5年度からの指定管理者入札に応募し、引き続き5年間の施
      設運営を受託しました。

    ⑶ 松代高校の存続を願う会へ参加・協力しました。

    1.まち歩き推進事業

    1.1 歴史的文化遺産保存・利活用によるまち歩きの推進
      地域の歴史的文化遺産の保存・利活用によるまち歩きを推進し、松代全体
      をまるごと博物館として地域振興を図る取り組みを行いました。

    (1) 文化財登録と利活用、町並み保存整備の推進
    松代地区住民自治協議会歴史文化とまちづくり部会に参加し、部会活動の
    一環として、信州大学工学部建築学科の梅干野成央准教授に、明徳寺の登
    録有形文化財候補物件の調査を依頼し、長野市教育委員会文化財課や歴史
    的建造物所有者と連携して取り組みました。

    (2) 庭園都市松代の推進
    ① 信州大学農学部佐々木邦博教授と連携して水路の保全に取り組み、庭園
       都市松代の推進に取り組みました。

    ② 「武家屋敷のお庭拝見」を通じて個人宅のお庭の公開をお願いするととも
    に、「松代の泉水・泉水路を守る会」の泉水・泉水路所有者の庭園調査に
       協力し、水源の確保とお庭所有者を地域で支えていく仕組みづくりを研
       究・推進しました。

    (3) 松代の近代産業遺産を活かしたまちづくりを研究・推進しました。
    ① 旧松代駅舎の利活用の推進
       旧駅舎の待合室を長野市交通政策課よりお借りし、松代情報の提供に努め、利活用の
     具体的事例を提示しました。 
      
    (4) 人物を活かしたまちづくりの推進
    松代地区住民自治協議会歴史文化とまちづくり部会に参画し、松代出身で
    近代日本を切り拓いた人物を紹介するパネルや案内看板を充実させて松代
    のアピールに取り組むとともに人物や歴史の顕彰に取り組みました。

    (5) 民話の里作りの推進(民話の里プロジェクト)
    民話研究者や民話愛好家、清泉女学院短大の学生、民話紙芝居作製協力者に
    よる『民話の里プロジェクト』推進により、地域に伝わる民話を採集し紙芝
    居化して地域で子どもを育てる環境作りを行い、あわせて観光振興に努めま
    した。
    <民話紙芝居の作成>
     令和4年度 紙芝居の作成 1話 「真田信之」   累計39話
        絵画:赤澤節子氏、文章:栗林秀夫氏、資料提供:小俣光弘氏
                          文書校正:半田栄子氏   
    <新作民話紙芝居発表会> 
     令和5年2月28日(火) 松代まち歩きセンターにて実施
        出席者:15名(コロナ禍のため関係者限定、少人数で実施)

    (6) 旧町名普及の推進(旧町名プロジェクト)
    江戸時代から伝わる旧町名の普及推進を図りました。

    (7) 古民家や空き家の利活用によるリノベーションまちづくりの推進
    ・長野商工会議所松代支部や商店街と連携して「松代リノベーションプロジ
    ェクト」を推進して、松代でショップを開きたい人と、古民家や空き店舗
    所有者とをつなぎ、開業を側面から支援して、まちの賑わい創出を図りま
    した。
    ・町外から松代への移住希望者に対し、関係機関とネットワークを構築して
    空き家情を収集し、定住促進を図り人口減少時代に対応しました。
    ・松代まちづくり研究会で、県内外から松代へ移住してショップを開業した
       人やこれから取り組みたい人をゲストにお招きし、新しいまちづくりの取
       り組みを研究・広報しました。

    (8) 松代の食の推進
    ・地産地消を基本にしたワンデイシェフの推進を図り、松代の食の魅力を高
    める取り組みを推進しました。
    ・松代地区に伝わる伝統食を伝承する取り組みを推進しました。

    1.2 まち歩きによる地域振興の推進
    地域の歴史遺産を活かして「まち歩きコース」を開発し、松代観光の推進と
    まちのにぎわい創出のためにまち歩きの普及拡大を図りました。
    各種まち歩きツアーを実施し、松代まるごと博物館構想の実現を目指した地域振興を推進しました。
    住民自治協議会歴史文化とまちづくり部会に協力し、案内看板への英語説
    明追加など、外国人旅行客の誘客促進のための環境整備を推進しました。

    (1) ブラタモリ風まち歩きの推進
       宮下健司先生(元長野県歴史館総合情報課長)の協力を得て、松代の地形を探索しながら
       歴史文化を探求するまち歩きを実施しました。
       ・令和4年 7月 9日(土)東条・そろべく峠の周辺を巡る   参加者20名
       ・令和4年11月19日(土)大室古墳と霞城跡を巡る      参加者30名

    (2) まち歩きガイドの養成
    ・昨年作成したガイド用テキスト「ガイドのためのガイドブック」に資料を
       追記し、更新しました。(随時更新しています) 
    ・まち歩きガイド養成講座の開催は、コロナのため未開催となりました。

    (3) まち歩きのための案内看板整備
    ・まち歩きを推進するために松代地区住民自治協議会 歴史文化とまちづく
       り部会に参画して各種案内看板(コース案内、路地名、旧町名、歴史、人
       物など)を整備・更新しました。
        令和4年度 人物看板 8ヶ所(2ヶ所新設、6ヶ所修理)
             民話看板修理 10ヶ所

    (4) 各種散策会の開催
       各種まち歩きツアーを開催し松代の魅力を内外に発信しました。
    ① 4月 9日(土) 真田家ゆかりの古寺としだれ桜めぐり        20名
    ② 4月17日(日) 妻女山の自然と歴史のハイキング          28名
    ③ 5月14日(土) 武家屋敷のお庭拝見                22名 
      ④ 7月 9日(土) 東条・そろべく峠の周辺を巡る          20名
    ⑤ 7月18日(月) 白鳥神社特別拝観と開善寺経蔵の見学会      17名
     ⑥10月29日(土) 秋の武家屋敷 庭拝見               30名
     ⑦11月 6日(日) 妻女山 秋のハイキング              19名
     ⑧11月19日(土) 大室古墳と霞城跡の周辺を巡る      30名
     ⑨ 1月 8日(日) 年の初めの七福神めぐり              15名     
    ⑩ 1月16日(月) 龍泉寺閻魔大王図拝観と御安三ヶ寺めぐり  19名
    ⑪ 2月28日(火) 紙芝居(第39作)新作発表会       15名
     11 回      延べ人数 235名

    (5) 旧松代駅舎利活用による「まち歩き情報」の提供
    ・松代観光情報コーナー開設 令和4年4月1日~令和5年3月31日(常設)
     ・松代の観光案内、各施設のイベント紹介
    旧樋口家住宅、山寺常山邸、旧前嶋家住宅、寺町商家、真田宝物館、
             エコール・ド・まつしろ倶楽部、松代まち歩きセンター

    (6) まち歩きマップ・ガイドブックの発行
    ・各種まち歩きマップやまち歩きガイドブックを発行し、まち歩きの活発化
    を図りました。
    ・外国人旅行客に対応したマップやパンフレットの整備を促進しました。

    (7) 自転車によるまち散策の推進
      ① 松代まち歩きセンターに普通自転車と電動自転車を各3台配置して、レンタサイク
       ルを推進しました。
       令和4年度 レンタサイクル貸し出し台数 : 71台
      ② 自転車によるまち歩きツアーの推進
       ・貸し自転車の充実を図り自転車によるまち散策を推進しました。
       ・長野電鉄屋代線跡地のサイクリング道路・遊歩道化や、旧松代駅舎を利
    活用したサイクリングステーション(サイクリングの拠点)整備促進につ
    いて研究を深め、川中島古戦場と海津城(松代城)、妻女山を繋ぐサイク 
    リングコースの定着化を図る取り組みなどを通じて自転車によるまちづ
    くりを推進しました。コロナでツアーは中止を余儀なくされました。

    (8) 寺町商家の指定管理受託と運営
    長野市指定文化財寺町商家の指定管理者を受託し、平成27年度から継続して運営管
    理を実施しました。創意工夫して運営にあたり、文化財を活用した新たな使い方を具
    現化させて、内外から多くの人に利用していただき、町の活性化に貢献しました。
    ・ワンデイシェフ利用   15回   242名
    ・寺町喫茶・ランチ利用 244回 1,454名

    ・イベント会場としての利用(貸し館)】
     TOMOYAARTS、松代歌声会、将棋教室、ピアノで脳活、箱膳体験会、整体とワークショッ
       プ、テレビ信州 ゆうがたGet撮影、グループで利用、団体の会議等々。
    ・貸館利用回数  679回  3,384名 *貸館は半日1回でカウント
    ・総入場者数 3,938名(重複利用を含めると4,942人)
      *重複利用 : 同一人物がイベントに参加し、喫茶を利用した場合に、2名として
    カウントすること等、重複して利用されたものを含めた数。

    (9) 旧樋口家住宅管理及び運営業務受託
       旧樋口家住宅を長野市教育委員会からの管理運営業務委託により、利活用を推進しました。
    ・自主企画事業 87件、他団体企画事業 157件
      ・総入場者数   14,002名

    2.交流ネットワーク事業の推進
    「シンポジウム」「松代学講座」「松代まちづくり研究会」の開催や「視察研修の受け入れ」、「講師派遣」等を行い各地区とのネットワークを推進し、松代のまちづくりの質を高める取り組みを行いました。 
    (1) 全国各地のまちづくり団体との交流を深め、ネットワークの推進を図りました。

    (2) 松代学講座の開催  
       松代学講座運営委員会により講座を開催しました。
      
       今年度のテーマ 「真田信之~松代の礎を築いた男~」

    * 会場及び開催時間(全回同じ) 中町公会堂 午後 1時30分~3寺30分

        第1回 「上田時代の真田信之」
            開催日 令和4年7月30日(土)        参加者 32名
            講 師 寺島 隆史 氏(元上田市立博物館長) 

        第2回 「松代藩時代の真田信之
         開催日 令和4年10月15日(土)       参加者 38名
         講 師 山中 さゆり 氏(真田宝物館研究員) 
     
        第3回 「真田信之と女性たち」
         開催日 令和4年10月15日(土)       参加者 40名
            講 師 米沢 愛 氏(真田宝物館学芸員) 
         
        第4回 「真田信之公 御霊屋の修復について」
         開催日 令和4年11月26日(土)       参加者 23名
            講 師 増淵 靖裕 氏
    ((公財)文化財建造物保存技術協会・重要文化財設計監理事務所所長) 
       
        第5回 「信之以降の真田家殿様ものがたり」
         開催日 令和5年1月21日(土)        参加者 34名
          講 師 栗林 秀夫 氏(NPO法人夢空間 副理事長)

        第6回 「真田信之の重臣 鈴木右近忠重」
          開催日 令和4年9月24日(土)        参加者 37名
          講 師 北澤 忠雄 氏(NPO法人夢空間 理事)
             栗林 秀夫 氏(NPO法人夢空間 副理事長)

                                参加者計204名

    (3) 視察研修受け入れ
    各地との交流ネットワーク推進のため視察研修やツアー等を積極的に受け入れました。

    令和4年
     5月12日(木) 松代高等学校 西条古寺めぐり          103名
     9月22日(木) 松代高等学校 松代町内めぐり          103名
        10月 1日(土) 金沢市新神田地区 民生委児童委員協議会       7名
    10月22日(土) 草加市防火協会(ソニックツアーズ)        20名
    計233名
    その他まち歩きセンター事業を通じて常時、各地からの訪問を受け入れました。

    (4) 各地への派遣による交流促進
    ① 「信州歴史的街並みフォーラム2022 in あずみの」への派遣
        10月22日(土)  香山 篤美 理事長、三田 今朝光 事務局長
     
     
    (5) 松代まちづくり研究会の開催(於松代まち歩きセンター伝承館)
    令和4年 
      *共通テーマ「空き家・空き店舗を活用した松代のにぎわい創出について」
     
    4月14日(木) 4月例会 第117回
       テーマ 「エースの村プロジェクト」
       ゲスト 高橋 直嗣 氏(テレビ局で技術を担当)

    5月20日(土) 5月例会 第118回
       テーマ 「NPO法人地球環境フォーラム長野の東条“古民家カフェ”の
                             開業の取り組みについて」
       ゲスト 立岡 勇武 氏(NPO法人地球環境フォーラム長野 副理事長)
          
    6月14日(火) 6月例会 第119回
       テーマ 「地域密着型のピザ屋を夫婦で開業を目指す」
       ゲスト 原 耕太、祐子 ご夫妻(豊栄在住)
         
    7月14日(木) 7月例会 第120回
       テーマ 「社会の中での居場所づくり、清野の「かえるの家」の取り組み
                                    について」
       ゲスト 高山 さや佳 氏(NPO法人HappySpotClub 代表理事他)
          
    8月25日(木) 8月例会 第121回
       テーマ 「里山の美化(東条里山の“みんなが憩える場所づくり”)」
       ゲスト 斉藤 洋一 氏(HUCOS 協同建設株式会社 社長)
          
    9月21日(水) 9月例会 第122回
       テーマ 「パワースポット皆神山の魅力を再発見」
             ~皆神山とリトリートビジネスの夢と可能性~
       ゲスト 松井 亘介 氏(皆神山専門ガイド こうちゃん)
          
        10月28日(金) 10月例会 第123回
       テーマ 「地域起こし協力隊の現状と退任に向けて」
       ゲスト 坂本 賢二 氏(西条 地域起こし協力隊)
          
    11月22日(火) 11月例会 第124回
       テーマ 「還暦を過ぎても進化を楽しむ方法」
       ゲスト 大宮 実也枝 氏(かごカフェ コノハナサクヤ店主)
        
    12月13日(火) 12月例会 第125回
       テーマ 「酒屋と林業の2拠点経営、松代の未来への悩み」
       ゲスト 野本 浩幸 氏((有)野本商店 社長)
    令和5年
    1月27日(火) 1月例会 第126回
       テーマ 「楽しいが伝染する仲間たち」
       ゲスト 青木 恵  氏(皆神山パワースポット 代表)
           笠井 正吉 氏((有)河島屋 代表取締役)
           小山 修也 氏(野菜のカネマツ ナイスタイムマーケット担当)
           鶴田 智也 氏(TOMOYAARTS)

        2月16日(木) 2月例会 第127回
          テーマ 「地域をつなぐ、人をつなぐ、未来へつなぐ、
                          そんな駄菓子屋サロンを目指して」
          ゲスト 中村 美恵子 氏
              (千曲・坂城障がい者(児)基幹相談支援センター センター長)

         3月16日(木) 3月例会 第128回
             テーマ 「長野市の空き家対策」
                  (長野市元気なまちづくり市政出前講座)
        講 師 長野市建築指導課 小林一夫室長、内山 正博係長

    3.広報出版情報発信事業の推進
     活動成果を広める為に広報出版・情報発信事業を行ないました。
    (1) 毎月1回「信州松代夢空間だより」の発行を通じて会員への情報提供を行いました。

    (2) インターネットによる松代情報の発信
      ・夢空間のHPやブログ、SNSでの松代情報の発信や、「信州松代観光情
       報」、「松代まち歩きナビ」への情報提供による松代観光情報の一体化促進
       を図るとともに、松代テレビ局等と連携し松代情報の発信に取り組みまし
       た。

    (3) ギャラリー展覧会の開催
     研究成果を発信していくために各種展覧会を開催し、情報発信に取り組み
     ました。(主に旧樋口家住宅にて開催)
       ・2022年 回向柱寄進の記録写真展
       ・河東線(屋代線)の「旧松代駅舎」創建100周年記念写真展
       ・松代の今昔写真展
       ・松代の秋 写真展
       ・真田十万石まつり記録写真展   
       ・「松代の四季写真コンテスト」入賞写真展
       ・松代の春 写真展

    4.松代まち歩きセンター運営事業の推進
    ・観光客に松代のまち歩き情報を提供するとともに商店街等と連携して松
    代の食や土産品の開発普及を行い、地域住民と観光客の交流を促進し地
    域振興を図りました。
    (1) まち歩きセンターの実績
    観光客に松代のまち歩きの情報を提供し、観光客と住民との交流を推進し地域振興を図
    るためにまち歩きセンターの管理運営にあたりました。
    ・ まち歩きセンター訪問者数     5,809人
    ・ 電話による問い合わせ数      2,269件
                      (内約300件は平山優氏・今村翔吾氏講演会の予約分)

    (2) 観光情報センター機能
    ・松代観光情報の収集・提供とパンフレット、マップ等の提供を行いました。
    ・北信濃各地区の観光情報の収集とパンフレット等の提供を行いました。

    (3) まち歩き推進機能
    来訪者に松代の見所やまち歩きコースの紹介、お食事処や土産等の紹介を行いました。

    (4) お休みどころ(まちの縁側)としてまち歩きの無料休憩所、コーヒー(有料)やお茶の提供、
      観光客等にトイレを提供し、気軽に立ち寄っていただけるように努めました。

    (5) 松代まち歩きガイドブック等の販売、松代関連書籍等の委託販売を行いました。

    (6) 公共Wi-Fiの提供
    公共Wi-Fi機能を整え、まち歩きセンター来訪者に提供しました。

    (7) 観光推進のため、まち歩きセンターや伝承館を会場として提供しました。
      令和4年度 伝承館利用回数 120回  511人

    (8) 松代まち歩きセンター展示会の開催
    ・「善光寺御開帳と松代」 
     令和4年4月1日(木)~令和5年3月31日(木)

    (9) イベント会場
      松代まち歩きセンターで吊るし雛を展示しました。

    (10) インターネットテレビスタジオ機能を活用した住民による松代情報の発信基地の提供
    松代テレビ局による松代情報の発信
    ・毎週月曜日夜7時~7時15分「しゃべくり松代」発信
       ・令和5年3月26日で「しゃべくり松代」放送回数は648回となりました。

    5.その他の事業の推進
    地域の関係団体と協働してまちづくりを推進しました。
    (1) 信州松代観光協会への参加
       「信州松代観光協会」の運営委員として参加しました。
    松代春祭り実行委員会・秋祭り実行委員会へ参画しました。

    (2) 松代地区住民自治協議会への参加協力
    歴史文化とまちづくり部会の事務局と、会場として伝承館の貸出しを行い、各種事業に
    参加協力しました。

    (3) 長野商工会議所松代支部や松代商店会連合会、各商店会、松代料飲組合等
    への協力

    (4) 真田宝物館との連携

    (5) エコール・ド・まつしろ倶楽部活動への参加協力
     エコール・ド・まつしろ倶楽部の参加団体として観光おもてなし活動に取組みました。

    (6) 山寺常山邸、旧前嶋家住宅、旧樋口家住宅、寺町商家等の相互連携促進

    (7) 松代でひなまつり実行委員会への参加協力
      
    (8) 松代町内外のNPO団体・まちづくりグループとの連携促進

    (9) 須磨子忌の開催協力
    令和5年1月5日(木) お墓参り、 旧樋口住宅にて松井須磨子の企画展開催

    (10) その他 松代地区における関係団体への参加協力
    ◇ 松代中心市街地活性化協議会への参加協力

    ◇ 長野県地域づくりネットワーク長野支部への参加協力

    ◇ 長野県信州の歴史的まちなみネットワークへの参加協力

    ◇ 長野県古民家再生協議会(長野県建築住宅課)に、信州の歴史的まちなみネットワークの
      代表として参加しました。(香山理事長、三田事務局長)

    ◇ 長野市のながの協働ねっと(三田事務局長が代表)への参加

    ◇ 若者や子育て世代との交流を促進し、まちづくりの次世代育成を図りました。
     
    ◇ 松代高校の「総合的な探求の時間」授業への協力等

    ◇ 全国町並み保存連盟諸活動への参加協力

    ◇ 松代中学校コミュニティースクール運営委員会への参加協力
                          (栗林副理事長、三田事務局長)
    6.諸会議の開催
    ・総会・理事会・監査会他
    令和4年
    5月23日(月) 監査会(八田幸三監事・須田範子監事)
          5月24日(火) 総会前の理事・監事・事務局合同会議 
          5月28日(土) 定期総会 
                  令和3年度事業報告及び令和4年度事業計画について
       令和5年
          3月18日(土) 理事・監事・事務局合同会議 
    令和5年度の事業計画・収支予算等について

    ※ 特別事業(特別事業・特別会計)
    ① 旧樋口家住宅管理及び運営業務
    ② 寺町商家の指定管理業務
    ③ 長野市松代支所発地域力向上支援金で紙芝居を制作